メンタルヘルス対策

CMHSではメンタルヘルス研修をご希望の企業様に専門講師を派遣しています。

セルフケア研修

セルフケアとは

従業員1人ひとりが、こころの健康を自分自身でマネジメントする為の知識や方法を研修します。
適度にストレスが発散できるように生活したり(1次予防)、「あれ?おかしいな?」と感じたら何らかのサービスを積極的に使ったり(2次予防)、たとえ病気になってしまったとしても再発しない様に対策をしたり(3次予防)といったケアがあります。そして、より生きがい、やりがいをもって生活・仕事をしようとする積極的な姿勢のケア(0次予防)も含まれます。

研修プログラムの例:メンタルヘルス導入研修

1.事業所方針について 60分~90分
2.メンタルヘルスケアに関する基礎知識
3.セルフケアの重要性
4.こころの健康問題に対する正しい知識
5.事業所内および事業所外の相談資源

研修の様子

その他の研修プログラムの例

ワークライフバランス研修、自己主張訓練、リラクゼーション法 等


ラインケア研修

ラインケアとは

ラインケアとは、上司が部下のメンタルヘルス維持・増進のために行う活動を指します。具体的には、「部下からのメンタルヘルス相談に耳を傾ける。」「部下の変化(メンタル不調の兆し)に早期に気づきケアを行う。」「ストレスがかかりにくい職場環境を作る。」等です。上司による効果的なラインケアのためには、メンタルヘルスに関する知識や関わり方の技術等の定着が必要となります。

研修プログラムの例:ラインケアに関する基礎知識

1.メンタルヘルス研修を行う背景 120分
2.事業所方針について
3.上司の役割
4.部下からの相談対応
5.職場環境等の評価および改善の方法
6.こころの健康問題に対する正しい態度

研修の様子

その他の研修プログラムの例

傾聴技法、アンガーマネジメント、ラインケア講座 等


ページトップへ