ストレスチェック制度

ストレスチェックとは

平成27年12月1日より改正労働安全衛生法が施行されます。その際に導入されるのがストレスチェック制度です。常時雇用する従業員が50名以上の事業所は、年に1回従業員に対してストレスチェックを実施しなければなりません。

ストレスチェック制度はメンタルヘルスケアにおける1次予防を目的としています。つまり、従業員の方が自身のストレス状況を把握し、メンタルヘルス不全に陥る前に自分自身をケア(セルフケア)できる様になる事が目的です。そのために、事業所は高ストレスと判定された従業員に対して医師による面接指導の機会を確保しなければなりません。

ストレスチェックの実施者は医師、保健師、研修を受けた看護師・精神保健福祉士等、産業衛生保健に関する専門知識を持った者でなければいけません。

ストレスチェックを外部委託する際のポイント

リワーク、復職支援活動10年の実績をもとに、治療・リハビリから予防・啓発のメンタルヘルスサービスへ
「総合ストレスチェックKRTシリーズ」、厚生労働省に準拠したストレスチェックです。

厚生労働省
外部委託チェックリスト

総合ストレスチェックKRTシリーズ
厚生労働省のチェックリストにすべて対応しています

制度の理解

導入サポートから対応
実施前のご相談から集団分析までが標準サービス

実施体制

専門機関の共同開発・ISO9001認証
・こころの専門医療機関と組織調査専門機関が共同開発
・外部認証により、品質保証と安全性をお約束
・精神科医療機関の専門スタッフがサポート

調査票・評価方法及び実施方法

実施後の対応

専門機関の共同開発・ISO9001認証
・こころの専門医療機関と組織調査専門機関が共同開発
・外部認証により、品質保証と安全性をお約束
・精神科医療機関の専門スタッフがサポート

面接指導の実施方法

医者面談サービス
来院、または精神科医の派遣も可能

面接指導実施後の対応

カウンセリング窓口・研修、他
・ご要望に応じて、メンタルヘルスサポートサービスを提供
・来院によるカウンセリング、出張カウンセリングも可能
・各種研修(セルフケア、ラインケア研修・職場改善研修)
・システム画面にて、医師意見書、労基署書類等の作成サポート

外部機関にストレスチェック及び面接指導の実施を委託する場合の厚生労働省「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」より
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150803-2.pdf

ページトップへ